<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
商標出願の流れ
商標出願のルール

(1).指定商品、指定役務
 商標出願では、出願商標(文字、図形)と、それを使用したい商品、役務の区
 分を指定する
必要がある。
(2).1つの商標につき1つの出願
 意匠は、1つの出願で関連意匠を複数出願することが可能だが、商標は1出願に
 つき、1商標しか出願できない。
(3).1つの商標出願で複数の区分に属する商品、役務を指定することができる
 商標の使用が複数の商品、役務にわたる場合は、区分ごとに区分けして記載する。

商標出願の流れ

 出願

 ↓
 
 方式審査、実体審査(審査請求なし、随時公開)

 ↓------------
        ↓
 ↓      拒絶理由通知
  ←--------↓    →意見書、手続き補正書、分割(指定区分の分割等)
 ↓      ↓      商標の構成要素や拒絶理由の引用商標との違いを
 登録査定  拒絶査定 明確に記載する。補正で要旨の変更は不可。
                ロゴや文字変更は不可。指定商品区分の削除程度
 ↓

 登録料納付(30日以内。10年一括か、5年毎分割
 ↓
 商標公報掲載

 ↓  登録異議申し立て2ヶ月以内

 商標権有効存続

 ↓  不使用取消し審判に注意(継続3年以上不使用に限る

 更新申請(10年後)
| 商標(商標権の登録) | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
商標調査
商標調査
(1).目的
 使用における安全性の確認
  使用予定の商標が、先願の商標の類似範囲にあるかどうかを確認する。
 登録の可能性の確認
  似ている商標の審査経過や、似た商標の有無を調査することにより、自分の出願し
  たい商標の登録可能性を確認する。

(2).調査の方法
 文字商標図形商標の2種類のデータベースあり。
 ‘碓貔確認(全く同一のものがあるか)
  特許庁の「商標出願・登録のデータベース」で調査できる。
 ⇔犹商標
 ・呼称(よみかた。字が違っても読み方が同じ)、観念(意味。英語⇔日本語)、
  外観(見た目)を総合的に考察する。
 ・分離観察(分離して使わないか。マキシムという名前のテレビ&ビデオの商標登録
  があり「マキシムプレイヤー」というビデオをだしたいとする。プレーヤーは機能
  を表す言葉だから分離できる。分離すると、名前が同じ&同一分野でNG。
 ・要部観察
  肝心なところが似ていないか?
 指定商品、役務が類似していないか?
  「類似群」=原材料や品質、生産部門、販売部門の同一性で類似していないか?
  チョコレートとココア?、ワインとシャンパン? 麦焼酎とビール?
 実際の類似性確認のオススメ
  民間の有料データベースにより調査。特許庁のは、データ更新が遅く、拒絶査定
  詳細、失効時期や追加呼称などのデータが閲覧できない。ただ、類似範囲の判断は
  専門家(弁理士や発明協会)に相談するのがベター
| 商標(商標権の登録) | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
商標を受ける条件
商標とは
(1).商標の種類
商標法によると、「文字、図形、記号もしくは立体的形状もしくはこれらの結合又はこれらの色彩との結合」と定義されている。

(源商標…漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベット等の文字からのみで成る。
⊃涎繊記号の商標…文字や写実的なものの図案化、幾何学模様の図形商標
結合商標異なる意味の文字同士、図形同士、図形、記号、文字を組み合わせ。
の体商標…店の前の立体的な飾り(づぼらやのふぐetc)や包装容器等特殊な形状

(2).商品と役務
商標が使用される対象。商品は物、プログラムなど。役務は顧客に対して行うサービス旅行代理店、美容院、証券会社など。
続きを読む >>
| 商標(商標権の登録) | 23:10 | - | trackbacks(0) |
商標権の機能、商標権
商標の機能

自己と他者の商品、サービスを識別する機能
⊂ι福▲機璽咼垢出所を表示する機能
商品やサービスの品質を保証する機能
ぞι覆筌機璽咼垢広告・宣伝する機能

■商標権を得るメリット

特定の商品やサービスについて、特定の商標を排他的に独占できる。
⊂ι幻△譲渡やライセンスによる収益を確保できる。
先に出願することにより(先願主義)他人の商標権取得を防止できる。
ぞι犬砲茲蟲劼凌頼を得るなど企業価値や商品価値を高められる。
続きを読む >>
| 商標(商標権の登録) | 18:57 | - | trackbacks(1) |
| 1/1PAGES |