<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< 特許侵害警告対応 | main | 意匠権と意匠登録を受けるための条件 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
営業秘密 その2
営業秘密の定義 その2

10/6の「特許権とは」の「■営業秘密として認められる条件(不正競争防止法)」節に書いた営業秘密の定義の追記です。追記は秘密管理の方法と、有用性の定義。

“詭として管理されている。
・秘密文書の明記や、他文書との隔離管理(秘密文書格納を明記)、取扱者の限定。 ・社員&退職者に守秘義務を課している。
・秘密のランクにより、閲覧できる社員が異なる。(アクセス制限)
・PC内の秘密情報はパスワード管理されるなど、他人がアクセス不可能とする。
・重要な契約での取引先の名刺、名簿等の管理、顧客名簿管理、など。

⇒用性の定義
 営業情報、技術開発の失敗情報も、他社にとって有用な情報となり得るため、
 営業秘密になる。

■営業秘密に関する不正競争行為例
不正な手段によって営業秘密を取得、開示、利用するなど。
・不正な手段によって得られた営業秘密情報であることを理解した上で、その情報を
 取得、利用すること。

・営業秘密のうっかり開示(守秘義務のあるものが、ない者に話す)も不正手段に
 よる開示

営業秘密に関する不正競争適用の例外
営業秘密について取得した際、取得者がその情報に不正行為が介在していることを知らずに、取得した権原の範囲内でその営業秘密を開示すること。
→この場合、証明が必要だと思うが、「知らない」の立証はどうやってやるんだろう
| 特許(特許の条件) | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック