<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< 特許、実用新案、意匠、商標 比較 | main | 特許、実用新案、意匠、商標 比較 その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
知財検定問題における注意
知的財産検定2級問題集で間違いやすい部分をピックアップ

○特許
(1).特許を受ける条件の「新規性」における、「公然に知られる」とは、守秘義務の
  ない、不特定の者に発明の内容を理解された状態を意味する。
(2).基本的に、刊行物やインターネットに掲載された場合は、閲覧者が少なくても新規
  性を失う可能性大。ただし、検索エンジンに登録していなかったり、他のページと
  リンクしてなかった場合は、新規性喪失にならない場合もある。
(3).特許無効は、該当特許の出願前に、同様の特許がある(新規性、進歩性)、同じ
  製品が製造されている(新規性)等が有効性否定に有力な材料となる。
(4).国際調査制度は、すべてのPCT出願に対し、行われる先行技術調査。
(5).国際予備審査は、出願者の請求による。国際出願について新規性、進歩性
  及び、産業上の利用可能性があるかどうかを審査する。但し各国での特許審査の
  判断に対する拘束力はない。あくまで予備的な見解である。
(6).請求範囲で、AとBを備えた発明PとAとCを備えた発明Q。どちらにも当てはま
  る範囲があり、発明Pが発明Qより先に特許を受けた場合、発明Qの実施時に発明  Pの特許権者の許可がいる場合がある。
(7).差止め請求は、侵害のおそれがある(侵害が見込まれる。例えば特許を侵害すると
  思われる製品の試験販売や展示会での発表がある、工場を建設するなど)場合も可

○実用新案
(1).物品の形状、構造、又は組み合わせに関わる考案。単なる方法や物を生産する方
  法は含まれない(特許は物、方法、物を生産する方法全て含む)

○意匠
(1).工業的に量産可能な物品の形状、模様もしくは色彩又はその結合であって、
  視覚を通じて美感を起こさせるもの
(2).意匠の類似範囲には、意匠自身の類似+物品の類似が含まれる。
(3).一意匠一物品一出願
(4).部分意匠/全体意匠、関連意匠、同日出願
| 知財検定 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:12 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chizai-kentei.jugem.jp/trackback/49
トラックバック