<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< ノートPC買いました! | main | 超整理手帳リフィルをA5ノートに利用 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アイディアマラソンに挑戦中
そろそろ、来年の手帳を買おうか、という季節ですよね。

最近、ビジネスで手帳をうまく活用しよう、というのが色々流行ってます。
夢手帳、夢ノート、ほぼ日手帳、超整理手帳。色んな手帳活用の本が、本屋さんに平積みされてます。

私は、「ずぼら」で「飽き性」なせいか、手帳、一応もつんですけど、結局ほとんど書かずに1年が終わってしまいます。
でも、仕事では、できるだけノートに書いて考えるようにしてるのですが、この本を読んで、まだまだだな、と思いました。

図解仕事ができる人のノート術―ノートを使って深く考え、発想する122の方法!!
4492092218樋口 健夫

おすすめ平均
stars同世代の著者の根性・心意気に乾杯!
stars自分の能力を100%出す
starsとにかくノートを使い倒そう!
stars実践に裏付けられたノウハウがいっぱい
starsアイデアマラソンというシステムが面白いです

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


筆者は商社の方なんですけど、毎日の日記も、仕事のアイディアも、「やること」を決めて、続けてるんですね。
これを読んでから、仕事での細かなこと(計算や、下書き)や、具体的な仕事の内容は、従来どおり、会社のノートに書き、別のノートを1冊作って、一日の計画とチェック、残タスク、何でもいいから、1つ以上のアイディア、毎日の日課に決めている読書、ストレッチ運動などを記録していくようにすると、「一日をより、実感できるようになって、結構お得です。

でも、エンジニアは、ノート術より、やはり、アイディアマラソンですね。
毎日必ず、1つ以上アイディアを考える。仕事に限らなければ、意外と、積み重ねる訓練は、面白いですよ。
ちなみに、今日、初めて考えた発明は、ダイエット(半身浴でいかに早く汗をかくか)について、でした。3種類ぐらい考えたので、今晩から、実験してみます。
アイディアマラソン手帳というのも出てるみたいです。
これから手帳を買われる方は、検討されてはいかがでしょう?

1年で1000件の発想を書こう ポケット・アイデアマラソン手帳’06
4774124737樋口 健夫

技術評論社 2005-09-23
売り上げランキング : 61,362

おすすめ平均 star
starこれは、おもしろい!
star思いついたその場でアイデアマラソン!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 雑感(秋の夜長) | 23:03 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:03 | - | - |
コメント
こんにちわ。アイデアマラソンの考案者の樋口健夫です。アイデアマラソンとポケアマをご紹介いただきまして、ありがとうございます。嬉しいです。

アイデアマラソンは、継続さえすれば、誰にでもできます。継続していく内容も、そんなに難しくありません。また、毎日知的蓄えが増えていくのですから、やればやるほど、自信が付き、仕事に生活に活用できて、気分が良くなります。

特に今年、初めて出版したポケアマ「1年で1000件の発想を書こう ポケット・アイデアマラソン手帳’06」(技術評論社)は、1000個の思いを書き続ければ、必ずご自分の発想力に変化が出てくると提案しております。ぜひとも使ってみてください。

ありがとうございます。ご質問がありましたら、
http://www.idea-marathon.net/へどうぞ。いつか、私のアイデアマラソンの話をセミナーででもお聞きいただければ、モティベーションが上がると思います。
| 樋口健夫 | 2005/11/18 12:21 PM |
はじめまして、樋口さん、知財検定対策ノートの管理人です。

著者ご本人に、コメントいただいて、光栄です。
びっくりいたしました!! ありがとうございます。

ノート術もとても勉強になりますが、アイデアマラソンは、「続けることを楽しむ」とてもよい方法だと思います。

来年までに、この習慣が身について、より生活を充実させていけるよう、がんばって続けていきたいです。

早速ご紹介のページにも行ってみます。

このページにいらっしゃる方で、アイディアマラソンに興味を持たれた方がおられたら、ぜひ、3日くらい、やってみてください。よく、3日坊主というけど、私にとっては、3日くらいで、面白さが徐々にわかってきました。おすすめです。
| chizai-kentei | 2005/11/20 2:55 PM |
アイデアマラソンを煮詰めると、継続という一言です。アイデアマラソンを3週間でも継続すれば、ご自分の発想能力を見直すことになります。
「こんな能力を自分で持っていたんだ…」という風です。
3ヶ月が経過すると、もうこの毎日何かを考えるというのが習慣になりますから、とても大切なことだと分かって、自然に発想が出るようになります。
1年もすると、すでに3,4百の発想がたまっていることになり、その中には8個程度の宝石のように光る発想が見つかるでしょう。こうなると恐いものはなくなります。

アイデアマラソンは、グループでやると楽しいです。我が家はヨメサンも、息子たちも、息子のヨメサンも継続しています。これがどれほど楽しい話題づくりになるか、体験していただきたいと思います。

また、友達や同僚の間でも、アイデアマラソンは前向きで、新しい技術や考え方、進め方を話すには絶好です。ブロッグのネタ帳としても、面白いと思います。

年に3度ほどは、公開のセミナーも開催する予定です。モティベーションを上げていただくことが出来ると思います。
では。
| 樋口健夫 | 2005/12/13 11:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chizai-kentei.jugem.jp/trackback/61
トラックバック