<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< ノートのアイディアマラソン+時間管理 | main | 歌舞伎がユネスコの無形文化遺産に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ノート活用法とノート色々
更にノートネタです。

ノートや手帳による整理術をあちこちで、見ていたら、ノートそのものにも興味が出てきました。
そこで、効果的な使い方をサポートするノートや、効果的な使い方そのものを取り上げているものを、色々探してみました。

ノートについては、All About Japan のステーショナリーのサイトから色々調べました。ステーショナリーは、男のファッションのカテゴリに入ってました。そうなのかな? ノートや、ペンなど、男の人のほうが、こだわるんでしょうか。どうでもよさそうなのにな。
でも、手帳やノートカバー付けてる人、結構いますね。人との区別なんでしょうかね。

さて、効果的なノートの使用方法(工夫)調査結果です。

〇箸い笋垢し喟構成
 私は、罫線ならB罫(6mm)が好きです。で、方眼罫があるのも、図面(ブロック図やフローチャートなど)を書くときに、便利。表を下書きするにも、定規を使う必要がありません。ただ、図面を書いて、自由に切り離せるタイプがなかなかありませんでした。

 私が興味を持ったのは、こんなところですね。
  ・6mm罫線+3mm方眼罫KOKUYO(コクヨ)WiLL STATIONERY COOLノート

   →よく会社で使うB5とA5サイズがあります。
  ・5mm方眼で切り離し可RHODIAアドバンスト ダブルリング5mm方眼ノート

   →図面コピーに使えるA4サイズ

△匹海泙濃藩僂靴燭、明確にわかる。
 クオバディスのスケジュール帳(説明参照記事は>>コチラ)のように、ノートの下端を切り取ることにより、ノートがどこまで使われているか、すぐわかり、簡単に見たいページが開けるというものです。

  ・方眼罫&端切り取り可Oxford NoteBook A4 5×5

  →6mm罫線のもあるようです。これもいいなぁ。
 
インデックスがつけられる。
 インデックス用の枠があるものがあります。枠がなくても、蛍光ペンなどで、インデックスのように、色塗りしておいて、綴じてない端面に出てくる色で、ページの場所がわかるようにすることは可能ですけど、あると更に便利ですよね。
 ,脳匆陲靴拭■欧弔離痢璽箸蓮△い困譴癲▲ぅ鵐妊奪ス枠があります。

ず能ページにインデックス目次を書く。
 これは、「100円ノートの『超メモ』術」というサイトに書かれていました。ノートそのものに工夫があらかじめ用意されてなくても、上の◆↓を行い、(例えば、端は切り取れなくても、ちぎればよい)ページに付けたインデックスの目次に相当するものを最終ページに追加しておくわけです。
そうすると、インデックスと目次の上下の相対的な位置がはっきりしますし、ノートを後で見直すときに、ノート全体の内容と、書かれている位置が、一目でわかるよさがあります。

「100円ノートの『超メモ』術」に書かれている方法が、長く、堅実にノートを効果的に活用できる方法かな、と思いました。後は、

イ燭泙辰寝甬逎痢璽箸琉貳検索
使用済みのノートを時系列に並べて、背表紙(リングでも普通の紙綴じでも)斜め線になるように色ペンでマークを付ける(下までいけば、また色を変える)と、時系列の順序も一目でわかりますし、整理整頓の時に便利です。
これは、私の先輩がやっている方法です。

で、ここまで書いた方法、実は、設計書や図面にも応用できると思いました。
プログラムや設計書の変更箇所、構成の色分けインデックス、修正箇所のみ切り取ると、どこの部分の何を変えたか、外形でわかる。
機構の図面の整合性チェック(外形の合わせ、中の熱対策構成などを色チェック、端切チェックで確認)、パタン配線チェック確認(チェックし終わった部分の紙端を切り、色分けしておくと、どの図面のどの回路部分のチェックが終わったかわかる)とか。

これ、土曜日のアイディアマラソンの成果です。

実験の時には? 試薬の組み合わせ条件の確認には? 膨大なデータから探す候補を限定するのに使えないか?

そうか!!と、これをヒントにひらめいた方は、また、工夫や効果を教えてください。

私も、やってみます。
| 仕事の工夫 | 18:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:06 | - | - |
コメント
突然のコメント失礼します。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】の「ビジネス・職業」カテゴリにも登録して、もっと多くの人に読んでもらいませんか?
上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
| ヵヮィィ☆ブログランキング | 2005/11/21 6:58 PM |
ノートの分析面白いですね。参考になりました。
| 樋口健夫 | 2005/12/19 4:36 AM |
ruchiruです。
樋口さん、著者の方にわざわざコメントいただいたのに、遅レスですみません。

ノートに何でも書く、ということが段々習慣になると、今度は、どのようにノートに情報をまとめるか、ということに興味が移ってくるようです。
情報整理だけなら、色んな手帳のフォーマット(夢手帳など)がありますが、アイディアマラソンは、やらねばならないことの解決方法だけでなく、自分でやってみたいことを、どうやって実現するかや、楽しみ方など、遊びの部分が入ってくるので、とても面白いのですよね。
ただただ、責務を果たすという受身の情報整理をするか、それとも、攻めながら情報整理をするか(するべきことをどうやって、自分のしやすいスタイルにするか? どうやって、自分のしたいことをアイディアでふくらませて計画・実践・実験するか)。
奥が深くて楽しいです。
| ruchiru | 2005/12/26 12:04 PM |
まったく同感です。
アイデアマラソンは、いかなる状態(たとえば、酔っ払って帰宅しても)絶対に継続するという意地を張った継続の維持で、発想慣れをつくり、発想能力を向上させ、発想自信をつくり、発想のふれあいを起こし、発想の蓄積を享受する。そして、その中の一番良い発想を実行・実現していくのです。際限なく人生が拡大していきます。
| 樋口健夫 | 2005/12/28 3:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chizai-kentei.jugem.jp/trackback/64
トラックバック