<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< 歌舞伎がユネスコの無形文化遺産に | main | 来年の計画 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
歌舞伎の楽しみ方と本色々
歌舞伎のステージは、昼の部と夜の部があります。
昼の部は大抵11時ごろから、夜の部は夕方4時半頃から9時過ぎまで、非常に長いステージです。
南座の吉例顔見世興行の場合は、昼の部は、10時半開演、夜の部は午後4時45分開演になってます。
ですので、おしゃれもいいのですが、狭い席で、長く観るには、動くのが楽な格好のほうが、いいです。

また、足元にあまり荷物を置けませんので、ロッカーや受付など荷物を預かってくれるところに預けておいて、手元に小さなかばんと、プログラムの説明が書いているパンフレット(大体1500円くらい)を手に、楽しむのがよいと思います。

歌舞伎の楽しみ方ですが、歌舞伎って、創作歌舞伎でなければ、セリフも昔の言葉(高校で習った古文ほど時代は古くないですが)ですし、聞いていても、何と話しているのか、わからないですよね。

それに、役者さんが見得を切ったり、花道で踊ったり、どういう所が見所なのか、よくわからなかったりしますし、何より、歌舞伎の演目のあらすじを知らないことには(パンフレット読めばいいんですが)、非常に理解するのは難しそうです。

私たち夫婦の場合もそうでした。
最初に二人で行った義経千本桜ですが、イヤホンガイドにより、こうした不安が解消されて、ものすごく楽しめたんです。

イヤホンガイドは、600円で借りられます。借りるときには保証金の1000円を別に払いますけれど、返したときにそのお金は返ってきます。
このイヤホンガイドの説明は、おそらく、ガイドの方も、演劇を見ながら、そのタイミングに合わせて、解説をしてくださっているのではないかと、思うぐらい、上演内容に、ピッタリのタイミングで絶妙の内容です。

例えば、幕が開きますと、舞台の設定(山の中か、街か、など)や、物語の背景や、これからの幕が、どういう話の、どんな部分についてなのか、見所は?登場人物のどんな場面なのか、などを、舞台に主な登場人物たちが現れてくるまでに、解説してくれます。ですので、肝心の見せ場は、自分も舞台に集中できます。

例えば、浄瑠璃の歌の意味などは、実際の浄瑠璃の三味線だけが鳴っている最中に、その時代の浄瑠璃の重要性や、なぜ、この場面でわざわざ歌が入るのか、そして、それには、どんな意味が隠されているのか、などを教えてくれますし、場面が変わる時には、先の舞台の仕掛けや、それがいつの時代から作られたのかや、どんな作品で、そうした舞台が組まれるようになっているのか、など、興味を持つように、舞台の流れに沿って、教えてくれます。

私たちが最初に見た義経千本桜は、夜の部の最後に宙吊りがありますが、昼と夜を通して、一つの物語になっている通し狂言でした。私たちは夜の部だけ観たのですが、最初、舞台が始まったとき、イヤホンガイドは、既に昼の部で演じられた、物語の途中までのあらすじを解説してくれ、次の幕がどんな登場人物達が絡むどんな物語なのか、教えてくれました。

義経千本桜は、源義経が頼朝に追われ、途中静御前と離れて、逃げていく物語ですが、幕によっては、物語全体の中心人物とは、全く違う町人や旅人が主な登場人物になります。

イヤホンガイドの説明は、こうした物語の違いやみどころ、時には歴史や役者、楽器の話など、多岐にわたるので、歌舞伎の芝居自身も、その解説も、とても楽しめます。これのおかげで、私達は歌舞伎ファンになれたといっても過言ではありません。

あと、歌舞伎の本ですが、私達は、歌舞伎の入門を含めたマンガを何冊か持ってます。こちらです。



マンガ歌舞伎入門〈上〉
松井 今朝子
4582287077

マンガ 歌舞伎入門〈下〉
松井 今朝子
4582287123



あと、四谷怪談を書いた、鶴屋南北作の、桜姫東文章や、鳴神、加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ:女版忠臣蔵とも言われる)などを木原敏江さんが、マンガに書いておられます。

4253172423花の名の姫君木原 敏江 Amazonで詳しく見る by G-Tools

一度、桜姫東文章や、加賀見山旧錦絵を通し狂言でみてみたい、と思っております。

年末年始は、日本の文化に触れるつもりで、歌舞伎を楽しんでみてください。
| 趣味芸術 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:57 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chizai-kentei.jugem.jp/trackback/66
トラックバック