<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< フィルム付箋のモニター | main | フィルム付箋の特徴と利用方法 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
超整理手帳、ノートカバーとフィルム付箋の相性
フィルム付箋ですが、厚さがなんと50ミクロン。とはいっても、サランラップのようにペラペラでへたったり、紙のように折れ曲がったりすることはありません。適度な柔軟性と、ツルツルし過ぎない、適度な引っ掛かりのある滑り心地です。

特徴(長所)としては、次のようなものが挙げられると思います。

 1.ノートや手帳におさまりのよい横幅と縦幅を持つ
   (横幅65mmもしくは75mm、縦幅は12mmと18mmで中横罫2行か3行分)
 2.薄い。1枚50μ Post Memoの色付箋各20枚で厚さ1mmという薄さ。
 3.適度なすべりがある。重なった付箋から付箋1枚をめくるには
   コツが要る
 4.適度な硬さ(しなやかさ) へたりにくく、折れにくい
 5.糊面が広くはがれにくい。
 6.水をはじく

で、このフィルム付箋、封をしたパッケージに入っているので、特にPostMemoは、使うたび、そこから取り出すのが面倒です。
なので、めくってとりやすい場所に、何枚か重ねて貼っておくのが望ましい
のですが、私は、左の写真のように、オレフィンノートカバーの裏に貼っていました。
カバーに差し込んでるのは、超整理手帳の公式リフィル2週間見開き方眼)です。フィルム付箋は糊面が大きいし薄いので、普通の紙付箋のように、一番上の付箋がめくれたり折れ曲がったりすることがありません。何度でも位置を移動して貼りなおすこともできます。
ただ、上の写真を見ておわかりのように、いくら透ける付箋であるとはいえ、5,6枚重ねると、カバーに差し込んだリフィルの書き込み部分が見えにくくなります。

そこで、左の写真のように急遽、カバー裏のノートをはさむ部分の”わ”の端からA5横幅の半分(つまり、A4の長辺の1/4)のところに切り込みを入れ、見開きA4の左端1/4部分が白紙になっているリフィルをはさむことにしました。使ったリフィルは、VectorでFree公開されている『!0_0! Excel 「超」整理手帳万年リフィル 』です。
このリフィル、なかなかのスグレモノで、休日やスケジュールの開始日も指定でき、年間、月間なども選べるExcelマクロでして、印刷はA4両面印刷、印刷時は、表も裏もカバーの中に入る左端1/4の部分が白紙になってますので、裏返しますと、2枚目のスケジュールと写真のようにつながるのです。こうしたことで、カバー下のスケジュールが付箋で消える、ということがなくなりましたし、この白紙を敷いているカバー裏スペースを、付箋のToDo貼り付け場所にも使える、というメリットが生まれました。
で、残りの封をした付箋は、もう片方の裏表紙側のカバーにはさんでおります。

これで超整理手帳リフィルの使い勝手が抜群によくなりました。
超整理手帳と、A5カバー、フィルム付箋が、かなり相性がよい、ということを、実感しながら使っています。
| 仕事の工夫 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chizai-kentei.jugem.jp/trackback/75
トラックバック