<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< フィルム付箋の特徴と利用方法 | main | フィルムふせん1:インデックス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ノート術:ノートカバーの有効利用
 フィルムフセンの利用方法を書こうと思っていたんですが、今日は、A5ノートカバー(超整理手帳A5カバー含む)を利用した情報整理方法をアイディアマラソンで思いついたので、忘れないうちに、このブログでシェアしたいと思います。

#超整理手帳公式ページノグラボストアにあるA5カバー(国立商店、イームズ)でも、できるのではないかと思います(2/4追記)

昼休みにぼおっと、ノートカバーのHPの検索をしていましたら、以前「その後のノートと筆記具 その2」の記事で紹介したナガサワ文具さんのネットショップにあるノートカバー(ソメス製ブレイリオ製)のうち、ブレイリオのコンビネーションジャケットの使用例について、紹介している記事を見つけました。>>MONO ON LINE

このサイトの説明にもあるように、ブレイリオのコンビネーションジャケットは、ノートとレポート用紙やメモを両方差し込んで使えます。同じくダクトのノートカバー(ノートの差込口は内側のみ)も、SLIP ONさんのところのA5サイズRODHIA用カバーも、同じタイプです。

#また、少しデザインは違いますが、ノグラボストアの超整理手帳用イームズのA5カバー国立商店のA5カバーもA5ノートと、上綴じのA5メモ用紙が差し込めます。(2/4追記)

布製やビニール製に比べ、皮製やノグラボストアのA5カバーは、やはり、複数の種類のものが収納できる工夫がされてます。

でも、私、上綴じのレポート用紙、使わないんだよなぁ……。レポート用紙差込口に、A4の資料を折りたたんで入れてもいいけど、中身が見えないし、何枚も入る余裕は無さそうだし…Hさんがノートに挿んでる資料なんて、とても入らないよねぇ・・」

Hさんというのは、フィルムフセンのモニターに決まった後、ruchiruが「使って感想を教えて。」とフィルムふせんを配っていた中の1人です。
彼は、並行して進めている複数の仕事について、それぞれの内容を書いたB5ノートのページに、それに対応した資料(A4サイズ)を二つ折りにしてノートからはみでるようにはさんでいます。
 ノートの内容とはさんだ資料が関連しているので、そのページを開けば、すぐ仕事に必要な書類がそろう、という仕掛けなのですが、上等そうな皮のB5ノートカバーに包まれたノートは、たくさんのA4の紙で一回り大きくなってました。
 彼によると、資料をまとめてカバーに挿むと、どの資料が、どのページ(=並行したお仕事進捗)につながっているのか、判らなくなるから、今のやり方にしてるんだそうです。

何とかHさんのような方の資料をすっきり整理し、付箋インデックスでノートと資料の中身を対応付けるようにできないか?

そこで、思いついたのが、厚紙とA4資料一緒に綴じて、レポート用紙の差込口に厚紙のみを挿しこんで、資料をめくって見れるようにする、というものです。

レポート用紙とノートの2つが差し込めるブレイリオやダクトのノートカバーは、下の絵(A5のアイディアマラソンノートの記述をそのままスキャンしました)のような差込口構成になってます。
A,Bはノート用の横からの差込口、Cはレポート用の上からの差込口。このCの差込口をうまく使って、A4の資料を収納できないかな、と考えました。

A4ノートカバーなら、A4に厚紙を切って、A4資料と一緒に縦置きして重ね、中心にパンチで2穴をあけて、ファスナーで綴じ、厚紙のみをCに差し込めばOKです。

では、B5や、A5のノートの時はどうするか?
下の図のように(スキャンなんで、見難いですが)、A5やB5サイズの厚紙を作り、縦置きします。縦幅(長辺幅)は、抜き差ししやすいように1/3ぐらい切っておきます。

で、A4の資料を横置きします。まず、普段のファイルに綴じるようにA4横置き資料の中心に2穴パンチを空け、次に、縦置きした厚紙と横置きしたA4資料を図のように、右端と上端が揃うように重ね、2穴の右側になる穴(図の星印の穴です)が左の穴になるように、もう1つ右側に穴を空けます図中●印。厚紙は、☆印と●印の2穴)。
で、これを2穴ファスナーで綴じ、厚紙のみをCに差込み、A4資料は、2つ折りします。

これにより、B5、A5でも、A4資料を二つ折りに折りたたんで収納できます。
そして、ノートの該当ページと資料に同じ番号の付箋インデックスを付けます。番号じゃなくても、資料の名前の最初の数文字でも日付でもいいのです。
 このやり方がいいのは、差込口Cから資料を取り出して、ノートの付箋のページを開き、資料の同じマークの付箋のページを開けば、すぐ仕事に入れること、そして、要らなくなったり、確定した資料は、そのまま取り外して、ファイルに綴じれることです。
作業の時、厚紙だけを外して、下敷き代わりにしてもいいですしね。
資料からはみでた厚紙部分は、隠れ付箋置き場にしてもいいと思います。

どうでしょう? レポート入れの代わりに、資料はさみになる。
ノートカバーは、工夫次第で、ほんとに便利になるのではないかと思います。
よろしければ、一度試してみてください。
| 仕事の工夫 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:38 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chizai-kentei.jugem.jp/trackback/77
トラックバック