<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< ノート術:ノートカバーの有効利用 | main | フィルムふせん2:ラベル、チェックリスト、マーカ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィルムふせん1:インデックス
さて、フィルムふせんの用途その1 インデックスについて、私が利用した方法を紹介します。

フィルムふせんモニターをされた方々の使用報告が書かれているサイトのリンク一覧が、(株)西脇計算センタのフィルムふせんお知らせページに記載されてます。たくさんの方々がご自身のサイトやブログでモニターの感想や利用方法を書かれてまして、私もモニターを始めた時、参考にさせていただきました。

インデックスとして使う場合に、私が使用したのは、

 峺劼里弔い震牝瓜里二つに折りたたんで'わ’の部分を切り、二つ折れに
 なった部分の一部を手帳やファイルの外に出す」方法と、
◆屬修里泙沺糊のついてない部分だけを外に出し、手帳に貼った部分を
 説明文に、外に出る部分をインデックス名
にする」方法です。

,蓮▲皀縫拭璽罅璽供爾琉貎佑任△襦◆手帳のこと、家のこと、自由な自分』ブログさんが「フィルムふせんを手帳に」という記事で紹介されている方法です。

利点としては、長い糊面を生かし、折ることで適度な厚さとなり、めくりやすくなります。また、ラベルに書きたい文字長に合わせて、手帳(ノート)の外に出す部分を調整でき、手帳(ノート)が小さかったり、端の白紙部分が少なくて、ふせんの多くが文字とかぶってしまうのを防ぐことができます。フィルム付箋は、ふせんの糊つき部分が中の手帳やノートの中の文字とかぶっても、透けているので問題ないのですが、ふせんに説明を書いておきたいときは、逆にそれが欠点になってしまいます。その場合は、二つ折りインデックスにして、インデックス部分や、折り返して短くなった手帳の内側にあるふせん部分に書くことができます。(左図参照)

△蓮△瓦普通に糊のついてない部分のみ、外に出す普通の付箋の使い方です。手帳の内側に付くふせんの部分が長くなりますが、図面や楽譜などの場合、紙の外に出る部分(糊のついてない部分)から説明を書くようにすると、曲名や図面の部分名の先頭部分が、インデックスになるので、非常にわかりやすいです。糊がついてない外に出す部分が短いので、変に折れ曲がったり外れたりしにくいという利点もあります。

私の場合、ファイルやノート(手帳)のカテゴリ分け等の情報整理用インデックスは,鮖箸ぁ↓△蓮△茲使う情報が載ってるファイル、ノートのページの一発検索インデックスとして、,寮泙蠑みインデックスと異なる色の、細いPost Memoを1枚のまま、外に出る部分にキーワードのみ書いて貼ってます。(左写真)

厚さと色を変えるだけでなく、△痢屬修海世韻澆燭ぁ廾貳検索インデックスはファイルの上部1/5ぐらいに集中させ、折り畳みインデックスは、一発検索インデックスエリアの下から、普通のファイルのインデックスのように、段違いに目次として貼ってます。

数日前に、西脇計算センターさんフィルムふせんモニターの方のサイトリンクページに行った時、別のモニターさんのサイトのブログ記事で、色(赤、青…)とふせんを貼る位置で、見るべき情報の優先順位(上>右>下)を示す例が書いてありました。

ファイルやノートなど、立てて置くことがそれほど多くない本や手帳なら、このやり方が使えそうです。

やっぱり、みなさん、日々色んな工夫をされてますね。
私の記事を読んでいただいて、「こうしたら、もっとよくなる」というアイディアがありましたら、ぜひ教えてください。


| 仕事の工夫 | 23:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | - |
コメント
紹介ありがとうございました。

とっても丁寧なブログですね。
僕は情報じゃないことばかり書いてるから・・・・。

今年はもっと「情報」を載せられるよう、がんばります。
またきますね。
| koji011 | 2006/02/09 9:37 PM |
koji011さん、きてくださってありがとうございます。
最近はフィルムふせんモニター報告を中心に情報も書いてますが、日常でネタになりそうな事が起こると、衝動的に自分のことを書きたくなります。
あまり情報ばっかりが続くと、日常ネタとの接点がなくて、私のように「つながらん……むーー。」となるかもしれませんので、ご注意を。。

ブログは、情報だけでなく、日記のパーソナルな部分があるから面白いんだとおもいます♪
私は、koji011さんのパーソナルな記事もとっても楽しみにしてるので、これからもがんばってください!


| ruchiru | 2006/02/11 11:47 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chizai-kentei.jugem.jp/trackback/78
トラックバック