<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
最新記事一覧
カテゴリー
月毎アーカイブ
コメント一覧
トラックバック一覧
その他
いらっしゃいませ
<< フィルムふせん1:インデックス | main | フィルムふせん3:課題のTo Do展開をノート、超整理手帳で-1- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フィルムふせん2:ラベル、チェックリスト、マーカ
フィルムふせんの用途2,3,4はラベルとチェックリスト、マーカーです。

フィルムふせんの、
1.糊面が広い(横全長のの約75%)
2.フィルム製で透明。水に強い

という特徴を生かす、というテーマでアイディアマラソンして、生活のあらゆるシーンでのラベルやチェックリスト、マーカとしての使用方法を考え、一部については、実験もしてみました。(設計者としては検証もしないと…)
今回は、知財検定対策ノート風にまとめてみました。
使用に想定しているのは、色ふせん「Post Memo」です。

アイディアマラソンで得た使用方法
[ラベル、チェックリスト]
.ファイルのラベルとして使用する
.電子部品、機構部品、ねじ、ワイヤ等を入れるケース、袋のラベル
.衣装ケース、引き出し、調味料ラベル
.冷蔵庫や冷凍庫で、タッパーや袋(ジップロックやシールで密封できる袋)に
 入れた食材のラベル(種類で色分け。中身が見えなくても、区別可能)
.冷凍庫の食材インデックス(冷凍食品を立てて収納した場合)
.冷蔵庫の在庫チェックリスト。食材名を冷蔵庫に貼っておき、使った時に捨てる。

[マーカ]
.図面チェック
 下が透ける紙を使い、何枚も重ねて関係を見る必要のある、機構図面、基板パタン図のチェックで使用する。
 重ねて見たときに、間違いを見つけて、上から指摘の付箋を貼っても、重ねた下の図面が透けて見えるので、修正箇所が紙を重ねたまま誰でも確認できる。
.機構・図面の位置合わせ、整合性チェック・修正確認に使用する。
 下の図面が透けるので、指摘箇所ふせんと図面の両方を「1枚の図」として見れる。
 整合性チェックし終わったパーツ名や、信号名の上にマーク代わりに貼る。
 プログラムの変数、関数構造デバッグにも使える。
.┐汎瑛諭∧現颪僚斗廚世隼廚ι分を蛍光ペンマークの代わりに貼る。
 プログラムのモジュール構造に合わせて、色の違うふせんを貼る。
→※書きながら思いつきました。ブロック構成(ツリー)検討にも使えるかも。
.図面、基板工作等の位置合わせ。
 蛍光ペンやボールペンだと跡が残るが、ふせんは、はがせば跡は残らない。
 修正テープやテープのりのような構造で、幅が5mmぐらいのテープふせんが
 できないか。切るときはテープのりのように左右に動かすとテープが切れる。
 好きな長さだけ、マークとして、テープふせんを切って貼ることができる。

検討結果[ラベルのみ]
,◆ナ庫雫顱部品袋のラベル
ファイルやインデックス紙のラベルとして使用したが、カバンやファイル棚から 頻繁に出し入れする際ははがれやすく不向き。糊がついてない部分を切る方がよい。対抗品としては、ニチバンのリムカがある。比較は右写真参照。リムカのラベルの方が粘着力は強く、出し入れなどへの耐久性はリムカの方が軍配が上がる。ただ、はがすとき、端が折れ曲がったり汚れたりするので、再利用には限りがありそう。 部品、ねじ等の一時保存用の容器、袋のラベルには最適。収納する部品を変えるときに付箋はずして、書き直しだけでOK

.衣装ケース、引出し、調味料ラベル。
 ラベルを貼れるようなくぼみがある引出しやファンシーケースはまずはがれない。
 収納するものが季節やストックによって変わる場合は、リムカのラベルより、すぐ
 はがせるフィルムふせんの方が便利と感じた。
,.冷蔵庫、冷凍庫の食材ラベル、インデックス
 水をはじくため、紙ふせんのように濡れたり破れたりせず、快適。(右写真参照)
 以前は、紙ふせんの上から、メンディングテープを貼っていたが、ずいぶん手間が楽になった。冷凍食品が水でフィルムが浮くのでは?と心配したが、ふせんを貼って冷凍したためか、霜や水滴はラベルの上が主だった。はがれず、OK。
.在庫チェック
 便利そうだが、いちいち貼る手間が……(T_T)。これは、思いついたけど実行して
 ません。でも、冷蔵庫ですぐ書いて貼れる工夫は考えました。(別記事に書く予定)

感想
 検討したものは、ほとんどうまく利用できましたので、本人はとても満足してます。
 ラベル、マーカー、という用途で、『文房具』という枠を飛び越え、設計ツール、生活ツールと幅を広げると、アイディアが面白いように出てきて、考えるだけで楽しかったです。
 設計者の方は、CAD図面、パタンチェックなど、未実施のアイディア、もしやってみようという探究心がわいた方は、ぜひ、モニターになってトライして、西脇計算センターさんに報告してください。きっと、「こんなのにも使える!」というのがご自分で開拓できると思います。

次回は、To Do+メモで、私が実践し、効果のあったやり方や、一度やってみたい蝶整理手帳リフィル利用方法を紹介したいと思います。
| 仕事の工夫 | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:34 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chizai-kentei.jugem.jp/trackback/79
トラックバック